軽自動車は高く売れるって本当?

内装が広々としていて、性能がとても良くて、燃費もすごく良くて、普通自動車と比べると維持費や税金が圧倒的に安い!そんな最高の車、それが軽自動車です。その特徴から年々需要が高まっていて、日本では軽自動車の販売台数は普通自動車を超えています。
そんな軽自動車、実は「売る時に有利だ」と言う話があるのは、軽自動車を持っている方はご存知でしょうか。「売る時に有利」とはつまり「高く売れる」ということ。ではそもそも、どうして中古車は高く売れないのでしょうか?
皆さん、中古車の販売店は買取価格と販売価格の差額をそのまま利益として受け取っているとお考えでしょうか。実はそれは間違いで、買取から販売までには様々な業者を通っています。
買取店は、売り手から買った車をまず「業者オークション」に出品します。「業者オークション」とは、買取店と販売店が集って行う車の「競り」のようなものです。例えば、30万円で買い取った車が業者オークションで50万円で売れれば儲けは20万円になります。そのため、買取店はこの業者オークションでいくらくらいで売れそうかを考えて買取価格を提示します。つまり、販売価格は買取店の利益には関係がないということです。50万円で売れた車はその後当然それよりも高値で売られるわけですが、販売店の在庫になるまでに修理業者などいくつかの業者を渡っていきます。するとその分だけ値段が上がり、「売るとき安く買う時高い」構図が生まれるわけです。買取店は当然安く仕入れをしたいですからね。
ところが、軽自動車はこの構図の中でも「売るときに有利」だと言えます。それは何故なのか、後々の項で解説していきたいと思います。

中古車販売店のシステム

買取店から中古車販売店までのシステムはご理解いただけたかと思います。では、本題です。「軽自動車は売る時有利」という噂は本当なのでしょうか?本当だとしたら、どうして「売るとき有利」になるのでしょうか?それは、先ほど出てきた「業者オークション」が大きく関わってきます。

軽自動車は売り方が大切!

せっかく愛車を売るのですから、買取価格は高い方が良いに決まっています。でもいくら人気の軽自動車でも、売り手が何の知識もなく売ってしまえば買取店の言い値になってしまいますよね。そうならないように、ちゃんと価値分の代金を払ってもらうのに必要なのは、ちょっとした知識と、誰でもできる売り方の工夫です。

特に高く売れるものって?

ここまでで「軽自動車は高く売れる」ということはお分かりいただけたかと思います。最後に、その軽自動車の中でも特に高く売れやすいタイプを紹介します。あなたが持っている軽自動車が今から紹介する項目に当てはまったら、その車は思いもよらぬ大金になるかもしれません!

Page
top